« 原町の鮭めし | トップページ | 珍獣 サケ! »

酒浸しを食べてみる

兼ねて宣言の通り、今月の塩引の最終回で、酒浸しにしてみました。
まずは、さばく直前から。

準備

 ものがものだけにベランダにてさばくことに。表面は脂でぬるぬるです。
頭を落とす
 頭を落としてみました。なかなか硬いです。落とした部分、いわゆるイチビレと呼ばれる部分で、サケでは最もおいしい部分とされています。
とりあえず背骨沿いに包丁を入れた様子
 次に3枚におろします。全体が波打っていて硬いので、普通の魚を下ろすのは勝手が違います。回りで見ている息子からはのこぎりを仕えとの指示が。いや、おとうちゃんは包丁で勝負をするよ。
 なんとか下ろしきったあとは、薄くスライスしていきます。
sakebitasi05
 小骨などがありますから、簡単にはいきません。しかも包丁にも脂が着いてきて、少し滑りますので、慎重に慎重に。

 最後は皿に盛りつけ、針生姜を載せてから酒を振り掛けます。
完成品

 見た目は悪いですが、なんとか形になりました。
 味は…

 とりあえず、風味はなかなか。いわゆる売り物とは比較にならない風味があります。ただ、風味(臭いとも云う)が強すぎて、他の食事を圧倒します。友人と食べるため、けっこう皿一杯に作ったのですが、数きれずつ用意して、早めに食べきるのが吉かも。
 そうそう肝心の酒浸しについてですが。通常でもしょっぱめなものなので、生で食べると、たぶん2,3切れを食べると口がひりひりする感じです。これを酒に浸すことで、風味がまろやかになり、臭みも抜けます。またすこしふやけるので食べやすくなる、という具合です。逆に少し薄めに作った方が酒の浸透も良く美味しいです(切るのが大変ですが)。
 これはえらく合理的な食べ物ですね。ご飯のおかずにはちょっと向いていないような気がしますが、酒の当てには最高です。

 ところで、どなたか食べてみたい方いらっしゃいます?
 市販のよりは確実においしいですよ。
 さすがに一尾ぶんありますので、我が家でも食べきれない感じです。ご希望があればメールにてご一報ください。

2005 06 20 11:48 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17258/4632272

この記事へのトラックバック一覧です: 酒浸しを食べてみる:

» 鮭、酒浸し from くらぶアミーゴblog 
 数日前のこと。 『salmoの情報館』作者rugerさんより、鮭の干物の切り 続きを読む

受信: Jul 6, 2005 6:07:48 PM

コメント

道具箱の上での解体。迫力ですねえ。まな板もでっかいのお持ちですね。
僕は魚をおろしたことがないので、これの三枚おろしなんて気を失いそうだ。
しかし待ちこがれた記事。堪能しました。酒浸しの意味も判明。
あとでこっそりメールします。こっそりね...。

投稿者: ハヤト (Jun 21, 2005 4:35:34 PM)

了解しました(^_^)b

投稿者: ruger (Jun 21, 2005 8:19:41 PM)

コメントを書く